味わう

海の幸

全国に誇れる、氷見の魚のうまさ

「天然のいけす」とも称される富山湾・氷見沖。
その日に揚がった魚を、地元鮮魚店や漁師と直接やりとりし、
より新鮮なもの、うまみの高いものを見極めて仕入れています。
氷見の魚はもちろんのこと、夏は氷見の岩牡蠣、冬は能登。
新湊からは、ほたるいか、白えび、カニという具合に、漁場に恵まれた立地を活かし、
こだわりの食材を探し集めています。
また自ら磯でとった貝類や海藻も工夫を凝らした一品料理へ。
はしもと屋でしか味わえない旬の氷見があります。

海の幸

日本一、キトキトの寒ブリ

今や全国的にも知られるようになった氷見ブランドのブリ。
ブリそのものは回遊魚で、日本各地で漁獲されますが、その中でも氷見ブリは鮮度も味も別格だといわれています。ブリは晩秋から初冬にかけて、産卵のために日本海を南下し、途中、嵐になると能登半島にゆく手を遮られるようにして、富山湾の氷見沖へと来遊します。激しい荒波を乗り越えてやってきたブリは、この頃が産卵前の最も脂がのり、味も鍛えられているのです。

ブリは成長とともに呼び名が変わる出世魚でもあります。氷見では稚魚はモジャコ、当歳魚がツバイソ・コズクラ・フクラギ、1歳魚がガンド、2歳魚がニマイズル、そして3歳魚でブリと呼ばれ、その頃には体重10キロ前後に成長します。氷見沖では夏にツバイソ、秋から冬にかけフクラギ、ガンドがとれます。そして11〜12、氷見で「ぶり起こし」と呼ばれる激しい雷鳴をともなった大シケがくるとブリ漁のシーズンが幕開け。
はしもと屋では、本場ならではの多彩なブリ料理でその美味さを存分に味わっていただけます。

> はしもと屋のブリづくしプラン

氷見の魚が美味い理由

ブリに象徴される氷見の魚の美味さには、いくつか理由があります。第一が、氷見沖には魚の餌となるプランクトンが豊富な「フケ(海底谷)」があることです。第二に、「魚を傷つけない漁港」。氷見発祥の越中式定置網は、それぞれの機能をもった各網が、うまく組み合わせてあり、魚をなるべく傷つけず、生きたまま水揚げできるように工夫されています。そして第三が、「鮮度維持のための水氷」。厚さ1cmほどの氷板を大量に入れた冷海水のことで、とれたての魚は船上ですぐに水氷につけ、低温状態を保ったまま漁港で水揚げされます。

恵まれた特有の地形に加え、こだわりの漁法と鮮度保持。これらの条件がすべてそろった氷見は、四季を通して美味しい魚の宝庫。
はしもと屋では、春夏秋冬の旬の氷見が、みなさまをお待ちしています。

> はしもと屋の主のおまかせプラン

氷見の定置網(氷見市のサイトより)

ページの先頭へ戻る