はしもと屋便り

先付け八寸 氷見牛の土佐蒸し

IMG_1142.jpg

冬のある日の先付けです。

はしもと屋の先付けは前述にもありますように、

その季節の美味しい旬のものを

 少しずつ盛り込みお召し上がり頂いています。

 

お客様にお出しする最初の一品ですので、

主人が一番こだわっていると言っても

過言ではありません。

 

お客様にとっても最初の一品の印象ってかなり重要ですよね。

 

わくわく、どきどき、遠方からはるばるいらしてくださるお客様。

最初にこの一皿をお出しすると

「わぁーLaughing どれから食べよう!!」

と幸せそうな笑顔。

美味しいお酒とともに、乾杯で始まりお食事がスタートしていくのです。

IMG_1138.jpg

その中でも最近のこだわりは氷見牛の土佐蒸しです。

氷見牛の表面をこんがりと焼き上げ、土佐出汁(鰹のお出汁」に付け、

徹底した温度管理のもと湯煎します。

そうすると、お肉は柔らかいまま、中までしっかり味が染み込み

旨味がギュッと濃縮されたローストが完成します。

 

お客様からは「洋風のローストビーフよりも嬉しい!」と大変好評です。

 

IMG_1135.jpg

このお肉の色にご注目下さい。

切ったそばから、酸素に触れると発色が始まります。

美味しそうーー(笑)

 

何もつけなくても美味しい氷見牛の土佐蒸しですが、

はしもと屋ではアクセントとして

粒マスタードでお召し上がり頂いております。

 

「食べる」のは一瞬です。

その一瞬、一口のために、主人は心をこめて時間や手間をおしみません。

 

その”思い”を感じとっていただければ

こんなに嬉しいことはございません。

 

 

 

ページの先頭へ戻る