はしもと屋便り

ナガラモ

IMG_1395.JPG

 

氷見の海の幸♪

魚も美味しいですが、海藻も負けてはいません!

今回ご紹介するのは、ナガラモ!

正式名はアカモクと呼ばれ、主に東北地方で食されていたようです。

 

ポリフェノールやフコイダン等非常に栄養価も高い海藻なんです。

メカブやもずく同様、さっと湯通しすると、写真のように鮮やかな緑になり、

包丁でたたくとかなりの粘り気がでます。

しゃきしゃきとして、ねばねばのナガラモは酢の物や

お吸い物、しゃぶしゃぶ、卵白と一緒に混ぜてとろろのように

ご飯にのせても♪

 

氷見全体で力を入れている海藻のひとつです。

 

豊かな水が川から海へ、海藻がよく育てば、そこへ小エビやプランクトンが集まり、それを食べにまたいろいろな魚が集まる。

 

食物連鎖。

海は私達人間も含めていろいろな生き物の命を支えてくれます。

 

 

ページの先頭へ戻る