はしもと屋便り

ナニコレ・魚珍百景④~おこぜ~

IMG_1555.JPG

岩石のような顔。

かーらーのぉー、

 

IMG_1556.JPG

どーん。

こちらは言わずと知れた、オコゼです。

氷見でも春に獲れます。

春ですね~。

IMG_1558.JPG

迫力のオコゼの詰め合わせ(笑)

顔が、顔が、、、。。

 

猛毒のある背びれはとってあります。

 

ブサメンですが(笑)、味はとても上品なんです。

はしもと屋では、その日によってお造りや、

唐揚げ、煮つけなどにしてお出ししてます。

 

世の中見た目じゃなくてよ♡

 

月夜の桟橋

IMG_1714.JPG

本日の氷見は美しい月夜となりました。

(はしもと屋の桟橋より主人が撮影)

対岸の灯り。

漁火。

月明りに照らされ現れた、夜の立山連峰。

夜に立山連峰がでているなんて、かなりの衝撃!

私達も初めて目にしました。 

 

 

IMG_1719.JPG 

 

オーロラのよう光の帯。

空には満天の星空。

 

 

 

この一カ月あまりでいろいろなことがあった日本。

それでも地球はまわっているんだ。

  

この桟橋にひとり佇めば、心のざわざわが

静かに静かに引いていくのがわかります。

 

はしもと屋だからできること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷見の山の幸~こごみ~

IMG_1672.JPG

海のイメージが強い氷見。

実はほとんど山なのです。

魚の美味しさもさることながら、野菜、山菜の宝庫。

私の姉夫婦も誘って、みんなで山菜とりに出かけました。

ナビゲータは女将(お義母さん)!

山大好きの女将。生け花の枝ものや山野草、

山菜のスポットなど知り尽くしています。

 

花粉症の我々にとって、春の山は過酷なアウェイ戦!

マスク着用のうえ(怪しい集団(笑)、

軽トラの後ろにみんなで乗って、いざ出陣♪

yama.gif

いつまでも寒かった今年の春。

でも山は、ゆっくりゆっくり春が訪れていました。

耳をすませばウグイスの鳴き声。

豊かな時間が流れます。

 

IMG_1687.JPG

既に大きくなっているこごみもチラホラ。

まだまだ根元からどんどん生えています。

 

山に入るとみんな真剣。スイッチが入ったみたいに夢中。

お客様のために美味しい山菜をとるのだ!!

花粉なんかに負けてられるかぁーーー。(ハッッハクション!!)

IMG_1693.JPG

こんなに綺麗なこごみがたくさん。

天麩羅にしてお客様にお出しします。

 

自分達で採ってきたもの山菜の味。

はやくお客様に召し上がって頂きたいな。

わくわく♪

 

 

 

真河豚

IMG_1643.JPG

真フグと白子。

最強のツートップ。(笑)

このつるつるの白子さん。

 

天麩羅も美味しいですけど、昆布にのせて焼くのです。

もう焼いてるそばの香りと言ったら、もぉー!もぉー!(牛か)

香ばしいのです。それだけでお酒が進むのです。(私は下戸ですけど(笑)

クリーミィーな白子は限りなくシンプルが一番。

 

こちらをお出しすると、お酒好きの方のテンションが上がります↑↑

 

 

 

飯蛸

IMG_1641.JPG

飯蛸を柔らかく煮て、茗荷と田芹で香り高く。

お味の決め手は、はしもと屋が所在する女良(めら)地区特産の

女良わかめで作った、わかめの餡(ソース)。

 

口に入れた瞬間、春に包まれますよ♡

 

 

 

ページの先頭へ戻る