はしもと屋便り

氷見の夏といえば

img013.jpg

見のホンマグローーー!!

冬のブリのイメージが強いと思いますが氷見でもホンマグロ獲れるんです♪

マグロが獲れはじめると、夏が来たなと感じるわけです。

生のホンマグロの美味しさといったら、ね。

冷凍ものなんて、ふふーんって感じになるのです。

鮮度が違います。 

漁場から市場までの距離が近い氷見だからできるんですよね。

 

まわりの仲買人さんもみんな嬉しそう(笑)♡

img014.jpg

こちらも、マグロの記事(2011年6月9日付の北日本新聞より)

いつもお世話になっている仲買人の魚屋さんが、

載ってたので嬉しくなって切り取りました。

氷見の人しかわからないネタですね(笑)

 

 

はしもと屋では四季の味覚プランにて

ホンマグロがその日揚がればお召し上がり頂いています。 

 

 氷見はマグロも美味しいぜ★

 

にほんブログ村へリンク!応援クリックありがとうございます。

新緑の季節には

IMG_1842.JPG

木々の緑が美しい季節になってきましたね。

どんどん濃くなっていく、緑。

この季節は、緑の美しさをお食事の際にも

お楽しみ頂ける工夫をしております。

木の芽合え(山椒の葉)をつくるとき、

木の芽だけでは綺麗な緑が出せないので、

日本料理の手法を使って、ほうれん草の葉から

緑のエキスを抽出するのです。

IMG_1844.JPG

ほうれん草の葉をカッターで細かくし、

ぐつぐつと鍋で煮だすと緑のエキスが出てきます。

ここから取り出したペーストと木の芽をすり鉢でつぶしたものを

白みそに混ぜると、こんなにきれいな木の芽味噌の出来上がり♪

IMG_1845.JPG

緑、碧、翠、みどり~。

この木の芽味噌を、湯がいたイカとコンニャク、破竹に絡めて

焼き物の添えたりしています。

IMG_1846.JPG

それぞれの歯ごたえと、さわやかな木の芽の香りが

口の中いっぱいに広がります。

焼き物の良い友になっておりまして、お客様からも大変好評でした。

 

何気ない一品ですけど、

こんなところからも季節を感じとって頂けたらとても嬉しいです。

 

 

曇りの日もまた良し

IMG_1833.JPG

梅雨の氷見。

こんな日もあるんです。

グレーから黒のグラデーション。

これはこれで、趣があっていいなぁ。

 

でも、やっぱり夏が恋しい、はしもと屋。

 

 

ページの先頭へ戻る