はしもと屋便り

夏の思い出~鱧と穴子編~

1108.JPG

 

夏の思い出シリーズ、忘れちゃいけないのは、鱧と穴子。

皆さんイメージにないかもしれませんが、氷見の海でもとれるんです。

大きいですよね。まるまると太っています。

鱧はしっかり骨切りします。

ほぼ毎回登場していましたので

毎日、シャッ、シャッという小気味のいい音が厨房に広がっていました。

  

鱧の落としにして、氷見の梅胡椒で。

鱧寿司として先付けの中にも登場しました。

鱧の子や浮き袋もしっかりと煮物へ変身していました。

鱧の子って美味しいんですよ。

  

 

 

 

1111.JPG

横から見た図。

ホラーですね。怖。

鱧の獰猛な歯。気をつけないと危険です。

  

 

 

 

1011.JPG

穴子は棒寿司にして、先付けの竹の器へ。

また、一杯醤油焼きにしたり、酢の物にも。

  

こう見ると富山湾はいろんな魚が獲れますね。

  

富山湾は天然のいけす。

これ、よく富山湾の魚の豊富さを表す際によく使われる言葉ですけど

本当にそう思います。種類の多さも、質の良さも恵まれています。

  

とにかく。

この夏、氷見の鱧と穴子は、はしもと屋に消えたと言うほどたくさん使いました。

言い過ぎました。(てへ♡)

 

 

にほんブログ村へリンク!応援クリックありがとうございます。

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る