はしもと屋便り

2013年 新年のご挨拶

IMG_3132.JPG

新年明けましておめでとうございます。

2013年がスタートし、10日。

皆様、どのような年を迎えられましたでしょうか?

私の2013年は、特別な気持ちで新年を迎えました。

 

東京での修行から氷見に戻り、

この家業を継いで本年の夏には五年目に入ります。

戻ってきた当初、27歳の右も左もわからない若造を

たくさんの方々が支えてくださり、現在のはしもと屋があります。

一言で言い表せない程の様々な出来事があり、

失敗と成功を繰り返しながらの5年間でした。

 

5年というひとつの区切りで見てみますと、

今ようやくスタートラインに立てたという感覚がございます。

昨年度は地元の新聞や、雑誌、テレビ、ラジオ等様々なメディアにて

氷見の魅力やはしもと屋の魅力を発信させて頂く機会を与えて頂きました。

氷見で育った自分でも、知らない魅力が氷見にはまだまだたくさんあります。

これからも微力ではございますが、氷見の魅力を一人でも多くの方に

知って頂けるよう頑張りたいと思っています。

 

自分の人生を振り返ると、

「出会い」と「ご縁」に恵まれてきたと常々思っています。

修行先の師匠・女将さん。

家族・親戚、友達。

仕事で出会った様々な業界の方々。

そして何よりも、はしもと屋に来て下さったお客様。

たくさんの良き出会いがございました。

 

 

今でもお客様のもとへご挨拶にお邪魔すると、

私の若さに驚かれることが多々あります。

 

継いだ当初20代だった頃から、料理の全てを一人で担っているため

お待たせしてしまったりご迷惑お掛けしたにも関わらず、

私の料理を楽しみに毎年季節ごとに訪れてくださって

自分を鍛えて下さるお客様。

数ある宿の中からはしもと屋を選んで来てくださって、

お礼を申し上げたいのは私達の方なのに、

お手紙や、温かいメールをくださるお客様。

今振り返ると本当にたくさんの出会いとご縁が私達の財産となっております。

 

 

 

私にとって、いろいろな意味で節目の2013年。

写真のはしもと屋からの風景は雪になる前の、ある冬の朝です。

日の出前の色付く雲はこれから始まる一日、

一年のエネルギーそのもの!

日の出の瞬間のようなパワーを。

私達、はしもと屋から感じて頂ければ幸いです。

 

少しずつ前に進んでいる私達はしもと屋を

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

料理旅館 はしもと屋

四代目 橋本卓弥

 

 

 ーーーーー

にほんブログ村へリンク!応援クリックありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る