はしもと屋便り

秋の先付け

IMG_3673.JPG

最近はこんな感じです。

秋の味覚達です。

何気ない一皿一皿ですけど、ひとつひとつ想いがこもっています。

姫さざえ磯煮

これから秋から冬にかけて海が荒れる前に、

最後のさざえを楽しんで頂きたくて。

夏のイメージだと、壺焼きですが、こちらはさざえの本当の味が

わかるような優しい味付け。あとからさざえならではのほんのり苦みも。

先日お泊り頂いた女性グループ(奥様世代)のお客様からも、

「さざえって、壺焼きでしかたべたことなかったから、おいしい~」

と嬉しいお声も。

金糸瓜と春菊も添えて。

 

左は自家製〆サバ(氷見の秋鯖)、栗せんべい、揚げぎんなんとこんにゃく。

うちの主人の〆サバは絶妙です、はい。

私、〆サバって苦手だったのですが、むしろ大好きになりました。

苦手な人、結構いらっしゃると思うのですが、これは是非食べてみて!!

〆サバはこんなふうに作っています。→過去のブログ記事へリンク

新鮮なころころの鯖で作った〆サバは違うのです。

ぱりぱりの栗のせんべいと、揚げた銀杏とこんにゃくで食感も楽しく♪

 

右は里芋のおかき揚げ

ねっとりとした里芋を香ばしいサクサクのおかきで纏いました。

うちのパートさん達も大好きな里芋のおかき揚げ!

二十日大根の酢漬けでさっぱりと。

 

最近の前菜はこのようなスタイル。

ゆっくりとこの一品一品をお楽しみ頂き、

コースはこの後お造りが続きます。

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る