はしもと屋便り

お品書き

IMG_1119.jpg

はしもと屋にお品書きが登場!

お客様のご要望があり、お品書きを作成しました。

 

主人が一人で料理をし、手書きで書いていますので

一組に一枚のお品書きです。

時にはない日もございますがそこはご愛敬。(笑)

お品書きの有無にかかわらず、はしもと屋では

お出しする料理のお話をその都度ご説明させていただいております。

 

お食事の記念に持ち帰りたいと言ってくださる嬉しいお客様も。

私達の気持ちが伝われば幸いです。

 

 

華麗なる鰈(カレイ)

IMG_1061.jpg

氷見によくいらっっしゃるお客様は

一度は遭遇されたことがあるのではないでしょうか?

カレイのから揚げ。

 

はしもと屋では一匹まるごと揚げる時もあれば、写真のように

身をさばいて大葉で巻いてカラリと揚げてお出しすることもあります。

骨身もカラリと揚げてありますので、骨せんべいのように

頭からシッポまでまるまる召し上がって下さるお客様も。

 

「食べやすいね!」

と、お客様からも大変好評です。

 

まるごと頂けるカレイ。

何も残っていないお皿を見ると、こちらまで嬉しくなります(笑)

華麗なる最期に、カレイも本望であるに違いありません。

 

 

 

 

 

蓮根餅

IMG_1056.jpg

蓮根餅と鯛の挟み蒸し銀餡かけ

蓮根をすりおろし、蓮根餅に。

鯛に挟んで蒸し上げ、銀餡でやさしく包み込んであります。

 

最後に柚子の皮を振ってありますので、

蓋をあけるとその香りにどのお客様もにっこりされます。

 

鯛ならではの旨味と蓮根餅のもっちりとした中に

シャキシャキとした蓮根の食感を残して

蓮根の持つ二つの味わいを楽しめる一品となっております。

 

 

 

 

 

あこうのお椀

IMG_0935.jpg

あこうのお椀です。

あこうという魚はキジハタが標準名ですが、

氷見では”よねず”と呼ばれています。

お客様のリクエストでコースの最後にさっぱりとした

お椀が食べたいというお声をいただきましたので

今回は”よねず”のお椀に。

 

出汁にゆずを浮かべてさっぱりとした口当たりで、

コースの終盤でもすっとお腹に入っていきます。

 

氷見といえば海鮮鍋も美味しいですが、こんな楽しみ方もあるんですね。

 

 

あんかん

IMG_0811.jpg

氷見の特大カワハギ!

地元では「あんかん」と呼びます。

柳包丁が50cmくらいありますので、かなりの特大という事が

ご理解頂けると思います。

お造りにしても、身がぷりぷり。

煮つけにしても、とろとろ。

味噌汁も最高ですよ。

 

氷見にお嫁に来て、こんなに大きなカワハギがいることを初めて知りました。

魚の顔に興味津々の私。

さかなクンのようにキャーキャーいいながらシャッターをきっていました(笑)

 

IMG_0812.jpg

こんな大きいのに、この口に注目!!

口、ちっちゃ。(笑) 

 

 

ページの先頭へ戻る