はしもと屋便り

2012年のご挨拶

IMG_2467.JPG

2012年、新しい1年がスタートし、早一か月が経ちました。

皆様どのような年を迎えられましたでしょうか?

 

2011年、たくさんのことが日本を襲いました。

それでも少しずつ日本は前を向いて歩いてきました。

いろいろな事があったけれど、外へ出ようという前向きな気持ち。

家族や友達、大切な人とのつながりをもう一度確認したい。

旅をする気持ちも少しずつ取り戻して氷見へ、そして、はしもと屋へ。

 

秋口から、雪の降る冬の北陸は、今一番魚が美味しい時期を迎え、

本当にたくさんのお客様との出会いがございました。

改めまして、たくさんある宿の中からはしもと屋へ

お声掛け頂きましたこと御礼申し上げます。

 

ひとりひとりのお客様とお話する中で改めて確信したこと。

 

”氷見の魚は美味しい。”

 

 

ということ。

言葉にするとものすごくシンプルですが、感慨深いものがございます。

あれから、富山県内のお客様はもちろんのこと、

被災地の福島県や太平洋側にお住まいのお客様、

海のない県等、たくさんのお客様から頂いた言葉で印象的だったのが、

 

「美味しい魚が食べられるって本当に幸せですね。」

 

という言葉。

受取り方によってはなんでもない言葉かもしれませんが、

心にガツンと響くものがありました。

 

美味しい魚を安心して食べられることはとても尊いこと。

 

この環境は絶対的ではないし、当たり前ではないのです。 

あの震災はたまたま東北でしたが、日本のどこに起きても

おかしくなかった出来事だったと思います。

 

たくさんの海の生き物の命を頂いて我々は商売しているわけですが

魚や食べ物が美味しいという最大の氷見の魅力を再認識し、

こうやって自分の作った料理を通して人を幸せにできること

言葉にできないくらいの感動と共に、自分を奮い立たせてくれました。

 

氷見の魚をはじめ、たくさんの豊かな食材の美味しさを

一人でも多くの人に伝えたいと思いました。

 

私達も氷見の魚のファンの一人です。

はしもと屋は、その美味しさを皆さんと一緒に共有する場。

そんな宿でありたいと思うのです。

 

いろいろな方々から支えられ、ひとつひとつ前に進んでいる、はしもと屋。

誰かにバカだと言われても、本当に大切なことは商売抜きに貫きたい。

本質を見失うことだけが一番怖いこと。

 

 はしもと屋の今更ながらの新年の決意表明です。

 

写真の虻が島のように、光が集まる宿へ。

 

少しずつではありますが、氷見の奥地から声を上げて行きたいです。

まだまだ未熟な私達ではございますが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

料理旅館はしもと屋

四代目 橋本卓弥

 

 

----------------

久しぶりに動き出した、はしもと屋便り!

新年の景気づけに、応援クリックお願い致します。

(旅館のアイコンをクリックしてください)

にほんブログ村へリンク!応援クリックありがとうございます。

おすすめプラン

はしもと屋のおすすめプランをご紹介していきます。

御期待くださいませ。

土鍋のお釜で、カマスご飯。

 

IMG_2192.JPG

カマスがどんどん美味しくなっている今日この頃。

じっくりと塩焼きにします。 

 

IMG_2213.JPG

焼きあがり。

きゃ~。

この画だけでご飯食べられますね。(笑) 

 

11451.JPG

先日、主人の師匠からお贈り頂いた、お釜

大活躍です。(ありがとうございます!)

きのこご飯を炊きこむこと、数十分。 

 

IMG_2216.JPG

焼いたカマスをのせれば、そこはもう、秋の薫り。

土鍋で炊いた、ご飯のふっくらさ。

寒くなってきた季節にっぴったりの優しい味。

口に入れると心がほぐれます。 

IMG_2215.JPG

サービスカット。(笑)

アップでどうぞ♪

余計な説明なんて、いりませんよね(笑)

美味しいに決まってる(笑)

 

お釜のご飯は、平日限定のランチや、

主(あるじ)のおまかせプランなどで登場しています。

日によって献立は変更になる場合もございますので

お電話でお気軽にお問い合わせくださませ。

 

 

 

ーーーーーーーーー

氷見の中でもどんどんマニアックな宿になってきた(笑)、はしもと屋へ。

今日も応援クリックをお願い致します。↓

 

にほんブログ村へリンク!応援クリックありがとうございます。

 

白い恋人、再び。

 

1149.JPG

はしもと屋の珍客、白い恋人

 

久々の登場です。おまっとさんです。(誰も待ってないか(笑)

 

この、鉄の棒とのかぶり具合、なんともシュール♡

私がファインダー越しに息を殺して撮ってる感、伝わりますでしょうか(汗)

猫村さん、既にうとうと。おねむのご様子。 

1150.JPG

びろーん。

か、かわいい。

この自由奔放さ、ふてぶてしさ。

こういうところが猫の魅力なのかもしれない。

私、犬派ですけど。(きっぱり!) 

1151.JPG

仏のような寝顔。気持ちよさそうですね。

肉球さわりたいーー。

癒されるなぁ。ありがたや、ありがたや。

合掌。(笑)

 

1152.JPG

はっ!気づかれた。 

1153.JPG

上が気になる。 

1154.JPG

「これ、何ですのーん?」

くんくん。

からのー、

 

 

 

1157.JPG

「どやっ!」

今季、最大級のカメラ目線頂きました。

もーー。(照っ)

安易にお笑い芸人のフレーズ使うのもなんですが、

、、、、、。

 

惚れてまうやろーーーーー!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

最近、ほとんどテレビを見ていないため、知ってるお笑い芸人さんも

若干古め(笑)の若女将への応援クリックをお願いします。↓↓

 

にほんブログ村へリンク!応援クリックありがとうございます。

いざ、畑!

IMG_2304.JPG

昨日、朝からおじいちゃんとおばあちゃんの畑へ。

久しぶりのお手伝いです。

自分の畑のような顔して、立っている主人の図。(笑)

 

はしもと屋で使われている、野菜のほぼ全般は

おじいちゃんとおばあちゃんの作り上げた野菜。

氷見の大地で育った採れたて野菜。

この野菜の美味しさも、はしもと屋で伝えたいことのひとつ。

 

IMG_211.JPG

おばあちゃん。(女将の実家のお母さん)

嫁の私にも、本当の孫みたいに接してくれる、優しいおばあちゃん。

↑写真は9月に植えたのを手伝った白菜が、、、。

IMG_2303.JPG

昨日みたらもうこんなに大きくなっているーーー!!

IMG_2308.JPG

これは、いちごの苗。

 

IMG_2307.JPG

これは、ニンニクを植えたところ。

私は肥料の土を撒く係。

 

あのままサラリーマンで普通に生活していたら、

スーパーで売ってるものしか見たことがないし、

どんなふうに実が生っているかとか、苗の状態とか、

そういう農家の方々にとって当たり前の”もの”や”こと”に

いちいち感動しっぱなしの時間。

 

主人も私も東京で暮らしていた経験があります。

都会の楽しさ、便利さ、今でも恋しくなることがあります。

 

それでも身体はやっぱり正直。

一番の違いは食べ物の美味しさが違う。

生きることは食べること。

口にするもので、その人の人格まで変わるような気がします。

身体が元に戻る感覚。

肌の質感。

変なカサカサとかなくなりましたもん(笑)

いろいろな価値観がありますけれど、食べるものは大事ですよね。

IMG_2310.JPG

これは、かぶら。

小さくて、かわいー。

IMG_2309.JPG

↑おばあちゃんに「これは、なーに?」と聞いたら

何回聞きなおしても「ブルックリン」としか聞こえなかった件。

えーっと、アメリカの?

???

 

「ブロッコリーやろ~!」

と、みんなでゲラゲラ大爆笑して、おばあちゃんに突っ込むの巻。

大好きだーー。(笑)

IMG_2305.JPG

食卓に並んだその一皿のお料理。

野菜のひとつひとつにもたくさんの時間と愛情が込められている。

それを形を変えてお料理にする。

それを楽しみに遠いところから、足を運んでくださるお客様がいる。

 

いろいろなことを感じた一日。

 

にほんブログ村へリンク!応援クリックありがとうございます。

 

ページの先頭へ戻る